仕事の時間 ごはんの時間

オイシックスなど時短テクで子育て共働きを乗り切るワーキングママのあれこれ

【Oisix】ピーマン嫌いな子供でも食べられた!キットオイシックスのピラフをさらにアレンジ

こんにちは、ひなたです。

子どもって好き嫌い多いですよね。残ってしまって冷めきったごはんやおかずを、仕方なく食べる時の敗北感といったら。

 

食べ物の好き嫌いほぼなかったうちの娘も、最近ついに好き嫌いが発生。。。

嫌いな食べ物、それはピーマン!王道すぎ。

パプリカも嫌がります。皮が嫌なんだとか…え、皮?味じゃないの?

 

そんな我が家のピーマン嫌いっ子でも、おいしく食べられるメニューが、オイシックスの献立キット にありました。

さらに手を加えてアレンジしたところ、娘もパクパク完食〜(o^^o)やった~。嬉しかったので、ピーマン嫌いのお子さんを持つママのヒントになればと思い、ここで紹介します!

 

ピーマンが入っていても食べやすい!ママも子供も嬉しいピラフの作り方 

きっとおいしっくすとは、20分で主菜と副菜の2品が完成する、食材宅配オイシックスOisix の献立食材キットです。

今回のキットはコチラの2品

  • 主菜:シーフードときのこの焼きチーズピラフ
  • 副菜:特製トマトソースの具だくさんスープ

 f:id:nhira:20170308051107j:image

一応言っておくと、ピラフとはいうものの、炊いた白ごはんを具材と炒め合わせるタイプです。炊飯器で作る本格ピラフではないです。

 

オイシックスの献立キットに入っていた材料

【ピラフ(左)】しめじ、シーフードミックス、ピーマン、とろけるチーズ、おろしにんにく
【トマトスープ(右)】キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、クルトン、トマトソース、パセリ

f:id:nhira:20170308051444j:image 

しめじはほぐし済み。ピーマンは細切りですが調理時にもっと刻みます。シーフードはイカとベビーホタテ。パックの中に、酒+穀物酢+塩でできた液とともに保存されています。

トマトスープの方は、人参は5mm角ぐらいに小さくカット済み。玉ねぎだけ包丁を使います。

ピーマン入りピラフの作り方はとっても簡単、最後にひと手間

f:id:nhira:20170312174103j:image

炒めるだけです。簡単!

  1. おろしにんにくを熱して香りだし
  2. シーフードミックス、しめじ、ピーマン(刻んで)を炒める
  3. ごはんを混ぜて炒める、塩コショウ これで完成でもOK!
  4. 耐熱容器に盛り付けてチーズを掛け、トースターへ
  5. パセリを散らして完成! 

時間がないときなど、3.の「ごはんまで炒めて普通のピラフで完成!」でもOK(と付属のレシピに書いてあった)。我が家はチーズ好きなので最後まで作りました(*^^*)

ピラフにひと手間加えた、ピーマン嫌い娘のためのアレンジ

今回のメインであるシーフードとキノコのとピーマンのピラフ。ピーマンを娘にもしっかり食べてもらいたくて、2つの策を盛り込みました。

①ピーマンをものすごーく細かく刻んでしまえ!

うちの娘の場合、ピーマンが嫌いな理由は「皮」。大きければ大きいほど嫌がります。しばらく肉詰めピーマンなんて作れない・・・

なので、ちっっちゃく刻みました。

一応レシピでも、細切りされて届いたピーマンをさらに1センチぐらいの長さに切るようになっています。

しかしそれじゃ甘い!3ミリ角ぐらいに小さく小さくみじん切り。いざ見つかってしまったら除けられるぐらいで(←ココ重要)、食感は気にならないような大きさにします。

②ほうれん草を混ぜてピーマンの存在感を消すべし!

このレシピのままだと、緑の食材がピーマンだけなんですよ。しめじもシーフードもチーズも白とか茶色。だから「この緑色はなんだ?」っていやでも目立つんですよね。

そこで!さらに緑色の仲間を増やして、ピーマンを目立たなくします。

使ったのは、ほうれん草!ピーマンより濃い緑色なので、結果的にピーマンがほとんど目立たなくなりました。栄養もボリュームもアップできていいことづくめです!

ほうれん草は冷凍のものをザラザラと欲しい分だけ入れます。生協の宅配 めちゃ便利!

 

いかがでしょう?この2つのアレンジ。どんなに小さくしても見つけてしまう子、味がちょっっっっとでもすると嫌がる子には向いていないかも知れませんが、試す価値はあると思いませんか^^

 

実食。ピラフもトマトスープも野菜をたくさん入れられるところがいい

f:id:nhira:20170312174143j:image

食べてみた感想:味は予想通りのおいしさです。ピラフの味付けは塩コショウのみだけど、シーフードの風味とチーズで味がしっかりついています。

今回のレシピでいちばんの「へぇ~」(←古い)は、ピラフにチーズをのせて焼くだけで、ひと手間かかっているように見えるところ。そういえば焼きカレーも、中心にチーズとたまごを落として焼くだけで、おしゃれカフェ風になりますね。実はとっても簡単なひと手間だったんだね。

チーズの味のおかげもあってか、子どもも食べやすそうでした。ピーマン以外にも、いろいろな野菜を入れられそう。

 

副菜のトマトスープは、クルトンが大きめでおいしかった。味はたぶん予想していただいた味で合っています。ミネストローネっぽく、もっともっと具だくさんにしてもいいと思います。角切りジャガイモやベーコンを入れたい(*^^*)

 

ピーマン嫌いな子におすすめのチーズピラフはまたリピートしたい味

今回のオイシックスの献立キット「キットオイシックス」 は、献立テーマが「キッズ」なんです。お子さんが食べやすい味だったり、ご飯作りのお手伝いをしやすい工程があったり(とろけるチーズをご飯の上に散らしてみよう、とかね)。

そのキッズ向けメニューに敢えて子どもが嫌いなピーマンを入れてくるあたり、もしかして「ピラフにすると食べやすいよ、チーズを掛けるともっと食べやすいよ」という提案をしてくれているのかも?なんて思いました。

オイシックスの多くは、材料があれば簡単に再現できるものばかり。今回のピラフも、シーフードさえあれば、家にある野菜とごはんと塩コショウで完成します。今回子どもがパクパク食べてくれたのをいいことに、また家にある材料でも作ってみようかなと思っています。

作るなら、「最後にチーズをのせてトースターでチン!」のひと手間がおすすめですよ!