仕事の時間 ごはんの時間

オイシックスなど時短テクで子育て共働きを乗り切るワーキングママのあれこれ

真空パックうなぎのおいしい食べ方を教えます。絶対にやった方がいいひと手間で、焼きたての味を再現!

真空パックのウナギ食べたことありますか?

温めかた、どうしてます? 湯せん?電子レンジ?

あーーーもったいない!

どうせ温めるなら、家庭にある魚焼きグリルを使ってみてほしい、ぜひ。湯せんや電子レンジでは味わえない、焼きたての風味がよみがえるよ!

 

真空パックのウナギを食べるなら湯せんか電子レンジが一般的

f:id:nhira:20171227142830j:image

真空パックの鰻を食べるとき、パッケージの後ろに書いてあるのは「湯せん」か「電子レンジ」。どちらも手軽においしく、失敗なく食べられるメリットがあるのは分かります。

だけど、この2つの方法だとどうしても味わえないものがある。

それは、焼きたてのパリっとした皮の感じっ!

お店でうな重を食べるときを考えてみてください。店内の直火や炭火でじっくり焼かれたあつあつジュージューのうなぎ。家ではさすがに炭火は再現できないけど、あの香ばしさとふっくら感は(グリルの)直火焼きで再現できるんです。

手軽さもいいけど、もうひと手間かけられるんだったら"グリル"、使ってみませんか?

 

グリルでおいしくうなぎを温める方法

では実際にグリルでうなぎを温めます。

うなぎを冷凍庫から出して刻みます

真空パックから出して

f:id:nhira:20171227142900j:image

刻んでいます。

f:id:nhira:20171227142919j:image

冷凍庫からすぐ出した固い状態の方が、切りやすいです。解凍時間を待つ必要なし。あと、皮目から切る方がつながらずにキレイに切れます。

刻む理由は

①グリルに1尾まるまる入らないから
②大きいと皮がつながってて子供が食べにくいから。

②の心配がなければ、大きく2~3等分でもOK。大人ならその方が食べごたえがあると思う。

グリルにホイルを敷き、ウナギを温めます

f:id:nhira:20171227142947j:image

皮目を上にしてパリっと焼くように温めます。焦げやすいので弱火で。冷凍のままなので、焼くついでに全体も温めるような感じ。

弱火5分ぐらいから様子を見ましょう。皮がパリっとしてきたけどまだ全体は温まってない場合は、裏返して表面を焼くか、火だけ止めてグリル内の余熱で温めます。

焼きすぎには注意:水分が飛んでふっくら感がなくなってしまいます。皮にほんのり焦げ目がつくか、表面がジュージューしてきたら食べごろ。

f:id:nhira:20171227143015j:image

 

ご飯にのせましょう、そうしましょう

f:id:nhira:20171227143035j:image

白ごはんの上に鰻をのせて、たれをかけます。

うちでは、タレを追加で買って薄味タレごはんを作ることもあります。子供はこの薄味タレごはんで十分。大人は後から好きなだけ足します。山椒も忘れずに。

 

うん、ふっくらうなぎ、表面が少しパリっとしててジューシー感が増し増し!

うっまーーい!!

 

おいしく食べるコツ

出来たてを食べましょう。時間を置くと表面がぱさぱさしてきます。

電子レンジや湯せんでも、冷めると固くなるのは仕方ない。おいしさ半減してもったいないから、ぜひあつあつで食べてくださいね、お願いします。

ちなみに、冒頭「グリルでもうひと手間」と書きましたが、よく考えたらグリルで焼くのも大したひと手間じゃないね? だって、湯せんもレンジも、どうせ後で切るんだし。湯せんだったら大きなお鍋が必要でそれなりに手間だし。

ってなわけで、大した手間がかからずに湯せんやレンジよりもワンランク上の「出来立て感」を味わえるグリル焼き、ぜひ試してみてください。匂いが気にならないなら、トースターでもいいですね^^

 

ウナギをお得に食べるなら

冷凍庫に買い置きしておけば、仕事から帰ってきてもすぐに調理できる、意外と便利なうなぎ。

今年ふるさと納税で注文した、焼津市のウナギがとってもおいしかったです。ふっくら甘口です。

普通に買うなら、かわすいのウナギもよかった。切る必要がなくて楽ちん。まぶしごはんが簡単に作れるかっとウナギもセットです