読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

評判の料理キット食材宅配を比較お試し!働くママの毎日時短ごはん♪

夕食献立を考えるのが苦手!子育てワーキングママが評判の食材宅配の料理キットで毎日ごはんをリアルに伝えるブログ

NHKのすくすく子育て「ワンオペ育児」特集。パパは言われないと育児できないなんてやっぱりおかしいよ

NHK Eテレのすくすく子育てで、ワンオペ育児について特集していました。

NHK Eテレ すくすく子育て|いままでの放送 -「脱・ワンオペ育児」

ワンオペ育児に悩むママは多いはず。番組では、ワンオペ育児を解消するためには、ママがどれだけ大変かちゃんと伝えて、パパにもちゃんとやってもらおう、という話がありました。

そうなんだけど。

パパは言ってくれないと何が大変なのか何をしたらいいのか分からない。だからママがもっと言おう、みたいな話になっていたのが引っかかったぞ。結局ママが頑張らないといけないの? わざわざパパの重い腰を持ち上げてやらないといけないの? そうじゃないとパパは子育てできないの?

 

あるワンオペ育児妻の怒り

番組で紹介された夫婦。ワンオペ育児に悩んでいた妻と、その原因となる夫とのケンカが、本人たちによる生々しい再現VTRで放送されていました…笑

リビングで、ソファに座る夫と、その前に立つ妻(仁王立ち)。

夫を問い詰める妻。前の日、妻が洗濯物をたたんでる横でずっとスマホでゲームしていた夫への怒りがおさまらない。しかし夫は、その時のことを覚えてない。

「ほんとに覚えてないの?私が洗濯物たたんでるんだから、じゃあ自分はこうしようとか、子どもの面倒みようとか、そういう発想にはならないの?こっちが全部言わないとできないの?」 

うわー責めてるー

これ、ぜったい夫は反抗心しかうまれないパターン

「じゃあたたむってことでいいですか」

やっぱりーーー!

妻からしたら「そういうことじゃないんだよ!」ってなりますよね。でも夫からしたら「なんで今言うんだよ、そのとき言ってくれないとわかんないよ」って思ってるかも。

不満の論点がズレるとケンカにすらならない。そしてお互い不満がたまっていくやつ。

 

これ、全国のママからの厳しい視線がザクザク刺さってそう。再現VTRでもこの態度を再現してくれた旦那さん、すごい:;(∩´﹏`∩);:

 

このご夫婦では、ある事件をキッカケに妻が離婚を切り出すまでに。

その事件っていうのが、妻と子どもが同時に熱を出したとき、夫はスマホからのメッセージ攻撃がいやになり漫画喫茶で夜を明かし、翌日昼に帰宅するという\(^o^)/

このときの妻の離婚宣言をキッカケに、「ほんなら育児がそんなにタイヘンなら俺がやってみせるわ!楽勝や」といって1日育児を担当した夫が撃沈反省。。

それからというもの、毎週土曜日は夫が育児担当することでひとまずワンオペ育児解決。

 

VTRの最後、うしろで旦那さんが子どもと遊んでいる間、「1日自由時間ができてほんとに助かります(^^)」といいながら奥さんが洗濯物をたたんでいたのはシュールでしたが。やっぱり家事か〜い。育児だけじゃなくて家事も任せたらいんじゃないでしょうか。

なぜワンオペ育児になるのか

ワンオペ育児って、パパの長時間労働で家にいないからママが1人で頑張るしかない、っていうものかと思ってたけど、それだけじゃないんですね。ワンオペ育児になってしまう原因として、番組では3つ挙げられていました。

1.パパが忙しくて頼れない

  • 平日は朝早く出勤、夜遅く帰宅
  • 休日もほとんど不在

2.パパが非協力的

  • 自分のリフレッシュを優先。スマホや外出
  • パパが家事育児の指示待ち。平日より週末の方が疲れる

3.育児支援が使いづらい

  • 予め予約が必要

これらの状況の結果、ママが孤独に育児や家事するしかなくなる。

 

必ずしもパパが仕事で家にいないから育児しない、ってことだけがワンオペ育児の原因ではないんですね。むしろいちばん問題かつ解決しなきゃならないのは「2.パパが非協力的」、つまり家にいるのに家事育児しないパパです。

「家にはいるけど、仕事で疲れてるから休みたい」っていうのはナシナシ!疲れているのはママも一緒だから。

 

「やってほしい家事を伝える」「大変さを分かってもらう」ではワンオペ育児解消できない

非協力的なパパ。家にいるけど家事育児を積極的にできない夫に動いてもらうにはどうしたらいいか、ということで「ママはやって欲しいことを言おう、やってもらおう」ってことが番組では言われていました。でも私は、これだけじゃ全然解決しないと思ってます。

 

ポイントは、上で紹介した会話での妻の言葉。

言っているのは「どうして〇〇してくれないの」じゃないんです。

「どうしてそういう発想にならないの」「なんでそう思わないの」という疑問と怒り。

つまり、夫にどうなってほしいかというと、脳みそから変わってほしいんだと思う。(注※ 勝手に解釈してます。ある夫婦のケースから感じた、私の個人的意見です)

ママがパパに求めるのは、指示通り動いてほしいというより、やるべきことを自分で考えて動いてほしい、ってことなの。いちいち言うの疲れるからね。いちいち言うほうが疲れるからね。

 

ママが「大変だからアレやって」と言ったところで、ママのワンオペ育児解消にはなりません。
なぜなら、ママが指示を出している時点で、まだワンオペ育児の真っ最中だからです。ママが「やって」といってパパがやる作業は、それさえこなせば完了!ということばかりだから。
頼んだ家事をパパがやっている間に、ソファで横になってポテチ食べられるママってほとんどいないでしょ?たいてい、自分は別の家事やって子どもの相手もしちゃうんですよ。そうすると、パパは頼まれた家事だけを完了して「オレ家事やったった!」って達成感を味わっておしまい。
いいですか?この状態では夫は、ママが、お膳立てして家事ごっこをしているにすぎないんですよ。

 

あと、ママがどんなに家事育児の大変さを話しても、パパは分かってません。大変さをわかってもらえない大変さ。なんのこっちゃ。ママが、「今日ね、こんなことがあって大変だったの」「お昼寝30分だったから全然家事が進まなくて、子どもも泣いちゃって、私もイライラしちゃって」といったところで、愚痴としか思われない。夫はグチだと思ってるから、たぶん聞いてません、よくても聞き流されるだけ。

 

ん~じゃあどうすればいいの?どうすればパパに、ワンオペ育児の大変さを分かってもらって、自分から動いてもらうことができるんでしょうか???

 

ママが遊びに出掛ければワンオペ育児は解消する

これしかない。ママは、パパに育児・家事を丸投げして外に遊びにいけばいいんです。そうやって、パパに育児家事を一通りやってもらう。

経験すれば「何をしたらいいかわからない夫」と「育児の苦労が分かってくれない夫」の意識は変われるはず。

普段ワンオペ育児で泣いているママの現場を見ていないパパは、もしかしたら「俺だったらこうするのに」「もっとうまくできるでしょ」と思っているかも知れない。それをぜひやってもらいましょう。

ポイントは、全部任せること。ママは手伝わない。

一緒にいると手も口も出したくなるから、外へ行きましょう。

 家事育児はワンセットです。ご飯はここにあるから温めて食べてね、では家事育児をやったとは言えない。最初は心配ならいいけど、徐々にそれも任せていきましょう。帰宅時間、お昼寝(眠くなる時間)は何時、アレルギーとかやっちゃいけないこと、とかいう情報は伝えて、あとはお任せ。

こういう状況に置かれて初めて、パパもやるべきことが見えてくるんです。

気合い入れてごはん作ったら、気付くと台所がぐちゃぐちゃ。片づけようとしたら子供が牛乳こぼした、子どもの服を着替えて洗濯。洗濯機回したまま子どもと遊び行ってしまって、帰ってきたら脱水後の子供の服がしわっしわに…。夕食の買い物し忘れてもう一度外に行きたいけど子どもが昼寝中で身動き取れない…

何を気を付ければよかったのか、最低限なにをすればいいのか、どんな段取りでやるとスムーズか。それをパパ自身で考えることがいちばんのポイントです。

子どもだっていつも同じペースで同じことをするわけじゃない。それを予想して対策するのは、いつもママの役割。だけど今日はパパしかいない。自分の経験で思いつく限りの「想定外」を織り込みつつ、ご飯作りや洗濯など最低限やるべきことをいつどうやってやるのか。その思いつく限りの「想定外」のバリエーションは、経験しないと増えない。経験しないと、いくら段取りばかり考えても、新たな想定外のトラブルに対応するばかりで思い通りに家事育児が進みません。

そうやっていくうちに、実生活に基づいた段取りを考える頭のクセがつきます。そうなれば、もう「何を手伝えばいいかわからない」なんてことにはならないはず。

 

家事育児を分担すると、お互いのいいところも教え合える

決して、パパに育児の大変さを分からせてやろう、自分と同じ苦労をしちゃえ( ´艸`)、とかいう気持ちで家事育児を丸投げするわけじゃありません。

たぶんパパは同じ苦労か、慣れていないともっと大変な思いをするとは思うけど、長い目で見て、お互いの信頼感を作っているって思えばいい。

だから、わざわざ洗濯物に汚れを付けたり、冷蔵庫も冷凍庫も空っぽにして「食材があると思うな。買い物から行きたまえ」みたいな意地悪をしちゃだめですよ(やらないか)。

過度なプレッシャーを掛けるわけでも期待をするわけでもなく、できるところまでをお任せ。私もそうしてきました。

最初は不安かも知れないけど、回数を追うごとに慣れてくるし、時間も長くしていけます。こうやってお互いに「任せても(任されても)大丈夫」っていう信頼感が増していくんです。

 

パパなりにやり方を開発して、もしかしたらこれイイね!っていう育児方法を思いつくかもしれない。ママだったら考えつかないような子どもとの過ごし方をしているかもしれません。そうやって、いつもと違う状況を作り出すことは、子どもにもいい刺激になりますしね。

 

「ワンオペ育児という言葉が出てきたのはいいこと」

これは、すくすく子育てに出演されていた恵泉女学園大学の大日向雅美教授のコメント。全国共通のママの潜在的な悩みを言語化することで、自分だけじゃないと思える。孤独感を取り除けるのは大きいと私も思います。そしていずれ、この言葉が過去のものになるといいなとも思います。

夫たちは、ママたちがひとり相撲していることにほんとに気づいてないみたい。でも、仕事で疲れてるからと遠慮する必要はないと大日向教授は断言されていました。ママだって疲れてるんだから、分担して当たり前なんですよ。

だから、ママだけがパパの機嫌も損ねないようにしながら家事をやってもらう、とかそんなことに精神すり減らす必要はない。ママの負担どれだけw。しかもそこで機嫌損ねられて、「もっとうまくやらないとなー、もっとSOSを上手に発信しないとなー」なんて結局ママの方が反省して頑張る状況はおかしいです。もっとシンプルでいい。来週出掛けるから家事育児、よろしくね、でいいんです。

まずは、パパに安心して育児を任せられるように場数を踏んでもらうところから始めてみましょう!